::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::初サファリー!
おひさしぶりでーす!
お元気ですかぁ~?

最近は、ぼちぼち活動らしいこともし始めて
いろいろやりたいこともぼちぼちあって
なんとなく忙しい気分がしている今日この頃です

あ、そういえば!
(って、今だからそう言えるけど)

先週、クギ踏みました(泣)

施設の畑に放置されてた廃材踏んだら
スニーカー貫通して足まで刺さった。。。
ま、それ自体も痛かったんだけど、
その後の「破傷風」の注射が痛かったのよぅ。。。
ただでさえ、私、注射苦手なのに・・・

ま、でも無事復活しましたんで♪
もうだいじょーぶ!


で、週末、行ってきました!
アカゲラナショナルパーク♪
kirin
初サファリです!

あたり前だけど
動物園の動物よりもみんな元気!
で、動物園のよりも大きく感じたのは気のせいかなぁ。。。
simaumaしまうまのおしり♪


天気も良くて♪
milor
たっぷり
tonderu
リフレッシュできたのでした~♪

今度は、ケニアとかの
サファリに行ってみたいな♪

ケニア経由で遊びに来てくれる方
大募集~☆
スポンサーサイト
未分類  コメント(14)   トラックバック(0)  △ page top


::I am  ネゴシエーター?
電気どろぼー大家のその後ですが。。。

裏のお家、自分たちが住むために
トイレもシャワーも洗面台もぜ~んぶ新品つけて
キレイにタイル張ったりして整えてたんだけど。

貸すことにしたらしい。

もともと新築だし、
今や、私の家よりコンディションがいいのは言うまでもなく。


で、入居予定のドイツ人(だんなはルワンダ人ね)に
「お宅いくら?うち、2ヶ月前払いって言われてるんだけど・・・」
って聞かれて。


「え?うちですか?その倍払ってますけど。
・・・しかも前払い7ヶ月だったし・・・」





オイ、大家ーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!



まじ、またむかついたし!!!



きっと、だんながルワンダ人ってのが大きいんだろうけど、
それにしても
うち、高すぎだろ!!!

だってさ、同期隊員の中でも
一番?高い家賃払ってるのに
家は古いしキレイじゃないし
コンディションは余裕でショボイっすからねー。

みんな、ソファーとか棚とかいろいろ置いてもらってるけど

うち、ソファーも棚もないし。
未だにスーツケース、タンス代わりに使ってるし。。。(笑)



ま、そんなこんなですよ。。。
ルワンダ。

はぁ。



しかしーーーーー!

ここで私が負けてるはずがない!(笑)



昨日、大家来たからダメ元で言ってみたよ。

「てか、むかつくしー
 だいたい、向こうの家のほうがいい家になってんじゃんよぉー
 しかも家賃半額!?
 ありえんだろ。
 だいたい、うち高すぎなんだよぉ。
 満足なんて到底できんから引越しも考えるし!」

ま、適度にジョークや笑顔も交えながら(笑)



そしたら、
いろいろ大家も言い訳してたけど

最終的に





ソファー、タンス、棚  ゲット♪


ちゃんと書面にサインもしてもらいました☆

一応、5月中にはすべて持ってきてくれる約束。




ま、ルワンダの約束なんて


・・・


ですけど(笑)





よぅがんばった、あたし。

JICA職員が交渉してもつけてもらえなかった家具を
自力でつけてもらったもんね~!

わーい♪



てか、あたし、確実に交渉力つけてきてるなぁ。。。
そしてつおくなってるなぁ。。。(苦笑)


家具がそろったらお家の写真もUPしますね~

では、また~☆











未分類  コメント(8)   トラックバック(0)  △ page top


::I was マイボーボー
sora

私の配属先はストリートチルドレンの施設。
元ストリートチルドレンで
うちの施設で育った職員もいるって聞いてたけど。

子どもたちのサッカー見ながら
そんな話をちらっとしたら・・・。

なんと、その人こそ本人だった!!



「まじでーー!?」
「そう。I  was  マイボーボー(キニャ語でストリートチルドレン)」

って笑って話してくれましたが・・・。



14歳のときに起きたジェノサイドでマイボーボーになったんだって。

「My mother was killed」
って説明しながら笑い出すから

「なんで笑うの?(悲しいことなのに・・・)」
って聞いたら

「ルワンダ人は笑うんだ」って。



14歳の多感な頃に
母親、兄弟全員を殺されて
なんとか生き延びたけど
食べるものも何もなくって街中でマイボーボーしてた彼。

心の傷は計り知れないほど深いんだと思う。



笑っちゃうんだもん。

笑うしかないんだよね。

傷、癒えてないから。



日本でそんなことがあったら
専門的な治療とかちゃんとやるんだろうけど
ルワンダはそんなことまだできないし、
仮にやったところですごい症状重い人たくさんいるし
混乱しちゃう人たくさん出ちゃうだろうから
蓋をして生きていくしかないんだろうな。



彼は明るく話してくれたけど
なんだか重たーい気持ちになった日だった。


写真:FIDESCO(配属先)と空♪


未分類  コメント(6)   トラックバック(0)  △ page top


| home |
Copyright © 2009 Beau séjour au RWANDA , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。