::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::引っ越せました~!
おひさしぶりです

無事、引っ越せました~!

ま、お願いしてあった修繕は20%しか終わってなかったけど。
今現在も30%しか終わってないけど。。。

言ってもなかなかやってくれないし、
かといって、
あきらめて言わないと何にもやってくれない。。。

そういうとこはストレスたまるかなぁ。。。ルワンダ。
きっと近隣のアフリカ諸国もそうなんだろうな。

ま、あきらめて気分切り替えるしかないねー。


あ、
今週から、こどもたちに英語を教え始めました!

私程度の英語だから申し訳ないけれど、
なんにしても、
こどもたちホント、勉強大好きだから
ノリノリ♪でこっちまで楽しくなっちゃう

いやぁ、みんなかわいいです♪ほんと

ちゃんと英語力つくように
中身考えてやってかなきゃなー・・・と思う今日この頃。


そんでもって、
今週から通所のみのセンターにも週1行くことにしました。

いろんなとこに住んでる?ストリートチルドレンが
週に1回だけ通ってくるんだけど
(地域ごとに曜日決まってるから、1人につき週1回)
彼らの現実がよく分かって勉強になります。


路上に寝てたら
地区のセキュリティーの人に棒で叩かれたりしてどかされるし、
警察にも叩かれるし、
刑務所に連れてかれることも。。。
(ストリートチルドレンってだけで収容される)

水浴びや洗濯はセンターに来るときだけだし
路上で生活してるから
服にはダニ?とかたくさんいるし
(肉眼で見えます)

彼らはゴミをあさって鉄くず集めて売ったり、
市場で物を運んでお金をもらったりして
生活してるみたいです。

夜も安心して眠れないから
センターに来て洗濯、水浴びした後、熟睡する子も。


ねぇ。

大変な生活です。


お昼になってイジコマ(穀物の粉にお砂糖とか入れてお湯で溶かしたもの。スープみたい)をコップ2杯ずつくらい飲んで、
乾いた洋服を着てストリートに戻ります

日本みたいにすぐに保護できるわけじゃなく、
通所する中で、
こどもたち自身が
「センターに寝泊りして学校に行ったりしたい」と決めないと
センターには入れないわけで。

もちろん、センターにも定員はあるしタイミングがあるんだけど。

センターに入っても
またストリートに戻っていく子もいたり。。。

自由を求めてるのか
ドラッグを求めてるのか
センターでの生活が嫌なのか

どれもなのか。


少しずつ彼らのこと理解していけるといいなぁ


そんなこんなで
また明日から1週間が始まりますね。

頑張らねば!

ではではまた~☆



















スポンサーサイト
未分類  コメント(24)   トラックバック(0)  △ page top


| home |
Copyright © 2009 Beau séjour au RWANDA , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。