::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::償いの家づくり。

ルワンダのNGOで活動されてる
佐々木和之さんの現場におじゃましました。

佐々木さんは、
虐殺で被害者となった人、
加害者となった人の和解をお手伝いしています。

家族を殺した加害者がその被害者の側で暮らし続けるってのは
加害者と被害者が顔を合わせて生きていくってのは、
日本だと絶対に考えられないことだけど、

ルワンダは小さな小さな国。
別々のところに住むこともできない。
ましてや96年の虐殺では100万人亡くなったとも言われてる。
ほとんどの人が家族の誰かを殺されてる。
分けて住むなんて無理。

「葛藤なんてない」
「仲良く暮らせてる」
ってルワンダ人は言うけど、

民族融和を進めている現政府の元では
「憎しみや苦しみがある」
「許せない」
とか、そういうことはおおっぴらには言えない。
あとから大変な問題になる。

ルワンダってかなり強権政治なんだ。


佐々木さんは、
加害者が償いの気持ちを持って被害者の家を作るという
プロジェクトをやっている。

加害者の前で被害者に苦しみや悲しみを語ってもらうとか、
家づくりに入る前の準備もしっかりやっている。

現場

これが建設現場。

現場で遊ぶこども

加害者、被害者、両方に話を聞いたけど、
ほんとのほんとの本音は分からないけど
償おうとしている気持ち、
許そうと努力している気持ちは伝わった。

被害者

右から2番目の女性は被害者。
右ほほに深い傷跡がある。
えぐれてるのが写真でも分かるでしょ?

彼女は今、家を建ててもらってる。
そして許そうとしている。
とても貧しいのに
写真に写ってる4人+1人の虐殺孤児を受け入れて育てている。



「神様が助けてくださる」

って言うけど。


孤児を引き取って育ててる人、ルワンダにはたくさんいる。

こういうことも日本じゃ考えにくいよね。

キリスト教が彼らの拠り所になっているみたいだけど。


こうやって歩み寄って
苦しみながらも前を向いて生きている人たちがいる。

なんとか乗り越えて
平和なルワンダになってほしい。


そう思う。

ルワンダ牛
ルワンダの牛ってこういう牛。

こんなとこ
首都を出るとこんな風景。頭にいろいろ乗っけて運びます。

こどもも運ぶ
こどもも頭にポリタンク乗っけて水運びます。それも当たり前。
スポンサーサイト
未分類  コメント(9)   トラックバック(0)  △ page top


| home |
Copyright © 2010 Beau séjour au RWANDA , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。