::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::家族。
金曜日、帰省する子を送りに地方に行ってきました。

パトリック、17才。
6年生。
比較的賢い感じの子で、勉強熱心で、
初めの頃なんてキニャしゃべれない私に
英語で話しかけてくれてた子。
ときどき他の子とのやりとりも
片言の英語で通訳してくれたりする子。
最年少のJの洗濯物とかいつもやってくれてて
「だって、Jは僕らみんなの子どもでしょ?」って言える優しい子。

田舎の道を走ること1時間半くらいかな?
ムズングムズングー(白人、白人)!
って、鼻水たらした子どもたちに囲まれながら家に到着!

家、カギ閉まってて
たぶん、畑に行ってると思う・・・
って話してたら

近所の人が

「引っ越したよ」って。

え?・・・何にも言ってくれないの?
引っ越したって・・・

ショック。。。


同僚に聞いたところ
パトリックにはお母さんいるんだけど、お父さんは亡くなってて
継父がいて、その間に子どももいて
どうも継父はパトリックを受け入れてないらしい。

ってことは、わざと言わずに引っ越した?


。。。。ショック。。。。


で、近所の人の情報を元に
引っ越し先を探し。。。

家族と再会。

patrick2
ママとパトリック

patrick1

土壁の小さいおうちで
外にはマラリアにかかったおばあちゃんが寝てて、
お母さんと妹(8才?)に赤ちゃん2人に継父。

patrick3
妹と赤ちゃん1

仕事もないし、
食べるものもないらしい。

貧困。

お母さんがおんぶしてた赤ちゃん、
「何ヶ月?」
って聞いたら
「2才」って返ってきた。

patrick4
ママと赤ちゃん?2

あそこで1週間、
ほとんど食べ物もないと思うんだけど
大丈夫かな、パトリック。

食べ物なくても居づらくても家族のとこに帰りたいのかな。

HAPPY?
って聞いたら
CYANE!(とっても)
って返ってきたけど。

優等生的なとこあるからな。
本音はどうなんだろ。

なんだか複雑な心境になった一日。

これが現実。

スポンサーサイト
未分類  コメント(12)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
::
住む世界やその子の境遇、そして、未来を考えると、いろいろ考えちゃうんやろうねー!
そんな世界でじかに感じ、がんばっているくぅはえらいよ!
感じたままに、動いちゃってくださいな♪
編集 △ page top
::そうやね。
本音 どうなんやろうね。


現実を受け止める強さがあるんかな。
その強さは 辛い過去からくるもんなんかな。


とってもいい子だね。
編集 △ page top
::>なお
いえいえ、えらくなんて全然ないよぉ。

ま、ぼちぼちね、
ぼちぼち勉強させてもらいながら
できることやってくよ。
編集 △ page top
::>たろ
こういうときに
言葉の壁がもどかしい。

もっとキニャ勉強せんと
全然役立たずだわ、あたし。。。
がんばろ!
編集 △ page top
::赤ちゃん?
うちの子は3ヶ月になるところで、首はすわってないけど、見た感じは、この2才の子供と変わらない感じがした。
小さい子には、お母さんと栄養のある食べ物が重要なんだって、ほんとに思えた。
貧困は病気のように人を蝕むことがある。
日本にいる私は、一体、何ができるんだろう。
考えさせられました。
編集 △ page top
::貧困
もはや途上国とはいいがたいチュニジアでは、驚くくらいに食べ物を平気で捨てます(もちろん日本のレストランやコンビニのほうが恐ろしいけど)
チュニジア人は同じアフリカ大陸にいて、知らないんだろうなこの事実
仕事してなくても、暮らせてるし、、、
ルワンダが食べ物に困らないようになるにはどうしたらいいだろ

そして、1週間継父と過ごす彼の心境は、、、

言葉の壁はあっても、くうちゃんが彼を受け止めようとしてること、絶対伝わってるよ
編集 △ page top
::>コージさん
これで2才っていうのは
びっくりしちゃうよね。

なんか心がずーんとしたよ。

ルワンダ、発展はしていってるけど
貧富の差がどんどん開いてってる感じ。

貧しい人は貧しいまんま。

・・・私にも何ができるだろう・・・って思うよ。
編集 △ page top
::>nattsu
近所の子がときどき施設に来てるんだけど、
職員の目を盗んで
うちの子たちに混じって
お昼ごはんを食べようとしている姿は
ほんと野生の?ドロボウ猫って感じで
すごいショックだったよ。

そのくらい貧しいんだ。
ルワンダ。

私にできることはちっちゃいけど
できることしていこうと思うよ。
編集 △ page top
::
くみちゃん、具合はもう完全に回復したのかな?

私も、時々、訪問行くんだけど、「この狭さでこの人数?」って感じの小さい家とか、黒のビニールで囲まれて作ったのとかある。でも、そこで人は生活しているんだよね。年頃の女の子もさ。
くみちゃんと同じような活動しているよ。私も。なんだ!頑張ろう。
そして、居心地のいい部屋作りもぜひ真似したい。きり絵すごいよ。どうやってできんの???
編集 △ page top
::う~ん。。。
う~ん。。。

う~ん。。。。。


うん。
でも、やっぱり家族に会えてうれしいんだと思うよ。
「うれしい」って言うには、もぅちっと複雑な感情かもしれないけど・・・。
でも、やっぱりうれしい事に変わりはないんだと思う。
少なくとも、お母様とか、妹さん達とか、
好きな人に会えるから。
きっと、「いつか自分が食べさせてやるからな。」って思ってるんじゃないのかな?

チャイにも貧しい人はたくさんいるよ。もぅ、胸が痛むことばかりです。
そして、きっと日本にも隠れて見えないだけで、同じような事が起きてるんだろぅね。。。
そーいぅことはくぅの方がずーっと、ずーーっと詳しいか。
また色々と話、聞かせてね。

とりあえず、パトリック君は大丈夫!!
このブログを読んだ皆が、パトリック君の幸せを祈ってるからねe-420
編集 △ page top
::>yukaちん
ひさしぶり!
元気にしてるようで安心♪

ニカラグアもそっかぁ。
日本に居たら分かんなかった現実だよね。。。

切り絵ね、日本から持ってきた本見てやってんだ。
折り紙半分に折って
絵書いてチョキチョキすればできるよ~
やってみそ♪
編集 △ page top
::>hiromin
そうだね。
きっとうれしいには違いないよね。

パトリックもそうだけど、
ここの子たちの前向きさは
ほんとうに尊敬しちゃう。
こんな環境でもいつも前向いてるからね。
見習わなきゃ!だわ。

チャイ、オリンピックやってもさ、
見えないところではまだまだ貧しいよね。
貧富の差はすごいだろうね。
編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 Beau séjour au RWANDA , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。