::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::KWA KAVUGA
KWA KAVUGAっていうとこがある

警察がストリートチルドレンを捕まえて収容しておくところ

ルワンダではストリートチルドレンってだけで
身なりが汚いってだけで捕まえられる

水浴びは週1回、食事は1日1回コップ1杯のとうもろこしだけ
着替えなんてない

いわゆるPRISON

だからストリートチルドレンたちは
そこを怖がる


最近、勉強を教えながら
冗談でげんこつする真似をすると
すごい勢いでまばたきする子とか
身構える子ばかり ってことに気がついた

虐待された子どもってこんな反応するんだけど。



あ、そっか

この子たちも警察とか地域の警備員とか親とかに
やられてきてるんだもんなぁ・・・

としみじみ考えた。




そして、今日。

帰り道、
学校から帰ってくるこどもたちをみつけて
びっくりさせようと思って
後ろからダダーーっと走って近づいたんだけど
こどもたち
すごい勢いで走って逃げた。

え!?
意外な反応。。。


なんで逃げるんだよー!

って言ったら、

「警察だと思った」って。

あぁ、こんなことも染み付いてるんだ って思った。


傷は深いよねー。

これがルワンダの現実。
私に何ができるんだろ。。。

手
手に書いてあげるゾウさん♪
こんなこともみんな喜ぶんだ
スポンサーサイト
未分類  コメント(3)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
::滲み
その昔、地元(もちろん日本)のスーパーで追いかけゴッコをして遊んでいた。
そうすると、店長らしき髭面で太ったおっさんが、大声出して、鬼の形相で追いかけてくる。
年下の子が捕まって、奥に連れて行かれた。僕らは、表の電柱の影から様子を見る。
数分後、捕まった子が顔を腫らせながら、このおっさんに襟首つかまれて出てきた。
『二度とこんなことすんな!』
そう言って、その子は更にゲンコで殴られて放り出された。そして、お店の前で倒れてしまった。
おっさんが去り、僕らが駆けつけても立てなかったこの子に「悪いことしたなぁ~」と子供心に思った。
それ以来、スーパーで追いかけっこするのはやめたんだけど、暴力は子供の心に「滲み」のように残るものなんだろうね。

子供のしかり方、俺も考えないと。

編集 △ page top
::>コージさん
そうだね。

あんまりひどいのだと
将来まで引きずっちゃうよね。

ルワンダの子たちは
それでも前向きに生きていく力は
あるんだけど。

でもうれしくはないよねー、そういうの。

ルワンダが変わるのにはまだまだ時間がかかるんだろうな。
編集 △ page top
::管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 Beau séjour au RWANDA , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。