::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::償いの家づくり。

ルワンダのNGOで活動されてる
佐々木和之さんの現場におじゃましました。

佐々木さんは、
虐殺で被害者となった人、
加害者となった人の和解をお手伝いしています。

家族を殺した加害者がその被害者の側で暮らし続けるってのは
加害者と被害者が顔を合わせて生きていくってのは、
日本だと絶対に考えられないことだけど、

ルワンダは小さな小さな国。
別々のところに住むこともできない。
ましてや96年の虐殺では100万人亡くなったとも言われてる。
ほとんどの人が家族の誰かを殺されてる。
分けて住むなんて無理。

「葛藤なんてない」
「仲良く暮らせてる」
ってルワンダ人は言うけど、

民族融和を進めている現政府の元では
「憎しみや苦しみがある」
「許せない」
とか、そういうことはおおっぴらには言えない。
あとから大変な問題になる。

ルワンダってかなり強権政治なんだ。


佐々木さんは、
加害者が償いの気持ちを持って被害者の家を作るという
プロジェクトをやっている。

加害者の前で被害者に苦しみや悲しみを語ってもらうとか、
家づくりに入る前の準備もしっかりやっている。

現場

これが建設現場。

現場で遊ぶこども

加害者、被害者、両方に話を聞いたけど、
ほんとのほんとの本音は分からないけど
償おうとしている気持ち、
許そうと努力している気持ちは伝わった。

被害者

右から2番目の女性は被害者。
右ほほに深い傷跡がある。
えぐれてるのが写真でも分かるでしょ?

彼女は今、家を建ててもらってる。
そして許そうとしている。
とても貧しいのに
写真に写ってる4人+1人の虐殺孤児を受け入れて育てている。



「神様が助けてくださる」

って言うけど。


孤児を引き取って育ててる人、ルワンダにはたくさんいる。

こういうことも日本じゃ考えにくいよね。

キリスト教が彼らの拠り所になっているみたいだけど。


こうやって歩み寄って
苦しみながらも前を向いて生きている人たちがいる。

なんとか乗り越えて
平和なルワンダになってほしい。


そう思う。

ルワンダ牛
ルワンダの牛ってこういう牛。

こんなとこ
首都を出るとこんな風景。頭にいろいろ乗っけて運びます。

こどもも運ぶ
こどもも頭にポリタンク乗っけて水運びます。それも当たり前。
未分類  コメント(9)   トラックバック(0)  △ page top


::ルワンダのこと。
だいぶ重たい話。

ルワンダに来て1年2ヶ月。
機会もなかったし、2年もいるし、
急いでいく必要もないと思って行ってなかった

メモリアル。

ルワンダは民族同士の虐殺で有名だけど(特に1994年)、
その痕跡を残してるメモリアルとか行ってなかった。

今日、日本からのお客さんが行くってことで
同行させてもらった。

服


心が凍った。 

って言えばいいのか。


涙もが出そうだったけど
なんだか気持ちが複雑で
涙は出なかった。

怖いし、悲しいし、信じられない。

人間ってそこまで残虐になれるんだろうか。



こわい。


普段ルワンダで生活してると
全然虐殺のこととか感じずに生活できるんだけど
例えば同僚とか、
私の知ってる人(16歳以上)は
みんな虐殺経験してるんだよな・・・
しかもそれってたった16年前の話なんだよな


最近だよ。。。



今日行った教会の一つでは
ジェノサイドサバイバー(虐殺で生き延びた人)が
ボランティアで説明をしてくれた。


なんかブログに書くのもためらわれるんだけど

でも、事実を知って知らせるのも私たちの使命?って思って綴ってます。



彼は当時8才で、この教会に逃げてきたとのこと。

それまでも何度か虐殺あったんだけど、
そのときは教会に逃げてれば助かったってことで
たくさんの人が教会に逃げてきたとのこと。

でも、94年のときは教会の中まで虐殺の手が及んで
その教会では1万1千人の人が亡くなった。

彼は6人の兄弟(3人のお兄ちゃんと2人のお姉ちゃん)、お父さん、お母さんと逃げてきたんだけど、
彼以外は全員殺された。

民兵が教会に入ってきて
まず二人をナタで切り殺して
その死体を並べてその上に立って
「今からお前らを殺す。ゴキブリを一掃する。」って演説して
6人を引っ張ってきて
その腕を切り落として
「これからお前ら全員殺す。バイバイ」って切り落とした腕を振って
虐殺を始めた。

知識層の人を選んで(彼のお父さんも)、
この柱の前に立たせて

柱

頭をハンマーで叩き割って殺した。

その後、4才以下の子どもを
その母親たちに柱に打ち付けさせて殺させた。
壁には今も血痕が残ってる。

それから、妊婦3人を教会の祭壇に横にさせて
「ゴキブリが生まれるのを阻止する」とか言って
お腹を切り裂いた。

祭壇


その血痕もテーブルクロスにそのまま残ってる。

で、それから女の人一人をレイプして
陰部から頭にかけて串刺しにして
さらに赤ちゃんを背中に負ぶわせた形で
胸から赤ちゃんまで串刺しにした。

それからマシェットっていうナタで次々に殺していった。

民兵は殺すのに疲れたら教会から出て行った。

ボランティアをしてくれた彼は
お父さんが殺されて、
それに抗議したお母さんが近所の人にナタで殺されたのを見た後、
お兄さんの指示で兄弟3グループに別れた。
彼は一緒にいたお兄さんの指示で
血の海の中で寝て、殺されずに済んだ。
お兄さんもお姉さんも皆殺された。

民兵が行ってしまった後、
軍隊が来て
手榴弾を投げ込んで最後のとどめをさした。
メモリアルの天井は手榴弾を投げ込まれたときにできた穴と血痕が残ってる。

天井


彼は、それから夜になるのを待って
生き残った16人と一緒に沼地に逃げたけど
そこにも逃げてきたツチ族と民兵もいて
結局また9人は殺されて7人だけが生き延びられた。

ルワンダはベルギー統治時にツチ族、フツ族って分けられて
優遇されるツチ族、冷遇されるフツ族ってことで
憎しみが生まれてきた。
民族間の殺し合いを何度も繰り返してきた。

最近はルワンダの発展は目覚しいし、
ツチ族もフツ族も関係なく協力してるっていうし、

今日説明してくれた彼も
復讐しようとかは思わないって言う。

でもでも、やっぱり憎しみのかけらは残っている。

そう思う。

自分の家族皆殺しにされて
殺した相手が今も近くに住んでいて
心穏やかに暮らすのってかなり難しい。

「葛藤なんてない」って言うけど。

実際、最近も手榴弾投げ込むようなテロみたいなことは起きてる。

ルワンダが二度と虐殺を繰り返しませんように。
サバイバーの彼が復讐なんて考えないって言って
トラウマを乗り越えようとしてるのが報われますように。

ルワンダの平和を心から祈ります。

お骨


未分類  コメント(10)   トラックバック(0)  △ page top


::KWA KAVUGA
KWA KAVUGAっていうとこがある

警察がストリートチルドレンを捕まえて収容しておくところ

ルワンダではストリートチルドレンってだけで
身なりが汚いってだけで捕まえられる

水浴びは週1回、食事は1日1回コップ1杯のとうもろこしだけ
着替えなんてない

いわゆるPRISON

だからストリートチルドレンたちは
そこを怖がる


最近、勉強を教えながら
冗談でげんこつする真似をすると
すごい勢いでまばたきする子とか
身構える子ばかり ってことに気がついた

虐待された子どもってこんな反応するんだけど。



あ、そっか

この子たちも警察とか地域の警備員とか親とかに
やられてきてるんだもんなぁ・・・

としみじみ考えた。




そして、今日。

帰り道、
学校から帰ってくるこどもたちをみつけて
びっくりさせようと思って
後ろからダダーーっと走って近づいたんだけど
こどもたち
すごい勢いで走って逃げた。

え!?
意外な反応。。。


なんで逃げるんだよー!

って言ったら、

「警察だと思った」って。

あぁ、こんなことも染み付いてるんだ って思った。


傷は深いよねー。

これがルワンダの現実。
私に何ができるんだろ。。。

手
手に書いてあげるゾウさん♪
こんなこともみんな喜ぶんだ
未分類  コメント(3)   トラックバック(0)  △ page top


::天気がよかったから
家を出たところでパチリ☆
家でたとこ
ここをまっすぐ歩いて市場まで行って
バスに乗ります

で、またてくてくてく。。。

こんなとこ歩いていきます
活動先近く

撮ってたら
「なんで道なんて撮ってんの?」
っておばちゃんが聞くから

撮ってあげました。

おばちゃんたち
おばちゃんら
シャイなおばちゃんたち

でも撮った後
「お金ちょーだい」
って言うのはお約束(笑)

これからおばちゃんたちもお仕事です
やさい
こんなふうにかごに野菜いっぱい入れて
頭に乗っけて売り歩きます

でも、路上販売は禁止されてるので
警察が来たら
クモの子を散らすように?
いなくなります(笑)


えっと、JICA'S WORLD っていう広報誌に
ちーっちゃく載りました

意外にいろんな方が見てくれて
メッセージくれたりして。

ありがとうございます。

ネットでの見れるようなので
貼っておきますねー

http://www.jica.go.jp/publication/j-world/1002/pdf/tokushu_08.pdf

ではでは~♪
未分類  コメント(8)   トラックバック(0)  △ page top


::はだかんぼー!
撮って!
って言われたから

撮っちゃった♪

はだかんぼ
はだかんぼー

かわいいでしょ?

こんなふうにして体洗ってます。




この子エリック
エリック

盗みはうまいし、つれないし、あんまりかわいくなかったんだけど
最近、超かわいい♪

つれないけど
ときどきちょっかいかけてきてた
あまのじゃく期を過ぎ、

最近は学校から帰ってくると
ノートを見せに私の事務所に来てくれる

勉強もすごく積極的で
学年以上のことも覚えたがる

今日も学校から帰ってきて
用もないのに遊びに来た。

お絵かきさせてたんだけど
しばらくして
「また来るね」って言ってどっか行った。

と思ったら。。。



ひるね



昼寝してた(笑)


かわいぃ~♪
未分類  コメント(8)   トラックバック(0)  △ page top


<<prev | home | next>>
Copyright © 2017 Beau séjour au RWANDA , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。